読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる





Days


Days for Studying in the UK

We Are X

hide Movie

f:id:mk1977715:20170328234125j:plain

今夜はX Japanの映画『We Are X』を見て来ました。平日の六本木の夜、もう公開からだいぶ経っているのに、映画館はほぼ満席でした。コスプレはもちろん、髪がピンクの人や、黒い革ジャンの人すらおらず、仕事帰りの一般人と言った感じのお客さんたちがいっぱいでした。40歳目前の自分の世代の人たちなら、誰もが知っているX Japanは未だにこんなにも多くの人に愛されているんだなと思いました。

 

留学のblogなので「英語」のことに触れると、まず、この映画はアメリカでアメリカ人の監督によって作成されています。ざっくりと言えば、日本にこんなバンドがいてアメリカで大きなライブを成功させたんだっていうドキュメンタリー。全編にわたってYOSHIKIの語りがストーリーを引っ張るんだけど、彼の英語はとっても分かりやすかったです。(むしろ日本語は早口で舌ったらずで何て言ってるかわからないことが昔から)そういう意味で、英語の勉強にもなりました。そして、ファンには超レアな『紅』の手書きの譜面や歌詞が紹介されるのですが、思えばその頃から英語で作詞をしていたんですね。歌詞をそらんじることができるせいもあって、手書きのものには間違いがあるのにも気がつきました(truthをtrueと表記してました)。まだインディーズの頃だから、ロック一直線だったと思うのですが、ウニ頭のYOSHIKIが紙と鉛筆と辞書持って、必死に英語を書いていたと思うと、微笑ましく、そしてとても良い話ですね。その後、世界デビューが決まっての記者会見でも、英語でインタビューに答えていました。直後にレーベルの人が「英語ももっと向上させますし」みたいなことを言ってたのが、ちょっと笑えましたが。当時から世界を見据えていたYOSHIKIは英語を視野に入れていたんだなぁと、そんなところに視点がいきました。

 

突然のX Japanの話ですが、実は自分はこの写真のhideさんと親しい間柄だったのです。hideさんの自宅の電話からPHSに電話もらったことあるなら親しい間柄と言っても良いですよね?自分の人生に1番の大きな影響を与えてくれた人は、間違いなくhideさんです。憧れのロックスターであり、優しき兄貴分であり、心強い相談相手であり、そして自分の人生を左右した人。映画はとてもよくできた作品なのですが、未だに、いや、むしろ歳を重ねてより強く、hideさんが画面に映り微笑むたびに自然と体温があがり涙がこぼれてきてしまい、作品に集中できませんでした。

 

描きたいことはたくさんあって胸がいっぱいですが、まとまりがつかないので今日は描きません。映画を見てあらためて分かったのは、今、X Japanが日本を代表としてリアルに世界を席巻しているということ。この映画を世界中の人たちが見ていると思うだけで胸が熱いですが、ブームは日本よりむしろ世界で大きくなっているということ。日本で生まれたスーパーバンド、誇らしいです。

 

Googleの危機

クリティカルシンキング エッセイ

www.bloomberg.com

日本でも一部ニュースになり始めていますが、ネット企業の代名詞Googleがちょっと危機に瀕しています。発端はイギリスのThe Guardianという新聞社の告発。日本の文春砲もゴシップネタだけじゃなくて、そろそろこういう鋭い告発を見せて欲しいですね。告発の内容は、企業や行政は広告をYoutubeに出稿していますが、それが例えば人種差別的な動画など不適切なコンテンツの前に流れていますよ、そんな映像をスポンサードしちゃっていて大丈夫ですか?というようなものです。特に国民の税金が制作費になっている英国政府の広報映像は、敏感に反応し、すぐにYouTubeなどGoogle傘下のAd networkへの掲載を取り下げました。いくつかの企業がそれに続くと、世界規模の巨大な広告代理店の1つであるHavasが、代理店としてYouTubeへの広告掲載を見送ることを発表しました。大事なクライアントに対しての責任が取れないという判断です。もちろんHavasが失う媒体費は莫大ですが、それよりもクライアントを守る代理店というレピュテーションを取ったとも言えると思います。英断だと思います。ヨーロッパで始まったこの流れがアメリカにも飛び火して、広告大手のAT&TやJohnson & Johonsonなんかも自社判断で広告掲載を取り下げたというニュースです。

 

各社、Googleが不適切な動画への広告掲載に対する何らかの対抗策を講じるまで、広告掲載をしないと主張しているため、Googleの対応に注目が集まっています。きっとGoogle社内では問題への対策のためものすごいことになっているのでしょう。

 

GoogleのAd networkは広告を飛躍的に変えました。とにかく簡単に、そして安価にしました。TVにCMを流そうと思うと、審査は大変だし、大金はかかるし、限られた代理店を通さないと難しいという旧態依然の業界に風穴どころか爆弾を落としました。広告業界はと言うと、さすがに危機への対応能力は高いので大慌てでデジタル推進を促し、Googleと広告主との間に介在することに成功しました。TVCMほど独占的ではなく、デジタル広告の会社への取りこぼしは多くありましたが。

 

GoogleYouTubeUBERAirbnb、例をあげればいくらでも出てきますが、ここ50年くらいかけて構築された産業が「古い!」と、インターネット企業に乗っ取られてきました。確かに大きくなった産業は時代についていけなく歪みも生まれていたのでしょう。比較的容易に、革新的なアイディアは業界を塗り替えてきましたし、人々はそれを手放しで称賛してきました。でも、2017年に入りその進歩に懐疑的な声がちらほらと聞こえてきているように感じていたところの今回の事件となりました。ドラスティックに変えるために必要だとは思うのですが、新しい企業たちは多少、傍若無人なところがあるように感じます。そこを突かれたというところでしょう。

 

でも、デジタル化の波が戻ることはありえません。企業はGoogleに適切な改良を期待しているんだと思います。古い産業だって、失敗を繰り返しながら盤石な構造を築き上げてきました。それが硬すぎて古くなってしまったわけですが。きっと優秀な人材を多く抱えたGoogleは乗り越えるだろうし、もし対応が遅れれば、そこの隙間に入り込んで旧躍進を狙うライバル企業も血眼でしょう。

 

この流れは日本にもくるでしょうか?日本の企業が気にする類の告発とは少し違うのかなと思うのと、日本におけるGoogleと代理店は海外よりも持ちつ持たれつ感が強い印象なので代理店側が穏便に動くのかなと思わます。でも、世界ではこういう流れになっているというトレンドは、じゃあ、うちもとなりやすいのがリスクを恐れる日本企業だったりもします。しばらくちょっと注目ですね。

オファー消失!?

MBA 海外大学院留学 イギリス留学

とんでもないメールが飛び込んできました。最初にオファーをもらったBradford Universityですが、なんと2017/2018年度のMBAコースを実施しないことになったそうです。より革新的なコースを構築するために、一年、コースをストップすると言うのが理由だそうですが、そんなことあるんですね?beoの方いわく、たまにあることだけどMBAでは聴いたことがないそうです。

 

もらったオファーは来年以降に持ち越す相談をすることもできるし、遠距離講座(通信講座的な?)に変更することもできるそうですが、例えイギリス人でもそんな人は少ないですよね、きっと。正直、思います、なぜ募集を開始するタイミングで来年はお休みとせずに、合格者が出始めた段階で、その発表を決断したのか?何かきな臭い裏事情でもあるのでしょうか。自分の中では、現状3つもらったオファーの中では第3候補だったので大してダメージはありませんが、せっかくもらったオファーが1つ消えてしまうのは、それはそれでなんだか少し残念な気がします。

 

まったく話は変わりますが、堀北真希さんが事務所を辞めて芸能界を引退されるそうで、TVやネットではその話題で持ちきりです。堀北さんがかわいいことは間違いないです。でも、だからってそんなに話題にすることですかね?堀北さんが出るドラマや映画は全部欠かさず見ています!って言うようなファンだったらまだしも、ホマキって呼ぶんだ?って今日はじめて知ったような人たちからしたら、別にどうでも良い話題じゃないですか?

 

誰かが会社を辞めるっていう話も、瞬く間に拡散します。不要な尾ひれがついたりもしがちです。ちょくせつ利害関係にない人たちには、どうでも良い話題じゃないですか?大きな決断したんだから、そっと見守るか、応援するか、そうしてあげて欲しいものです。

 

ちなみに堀北さんですがCMデビュー作を担当させていただきました。ちょっと自慢です。2003年ということは約14年前、ということはまだ中学生だったんですね。その時から芯の強い子だなぁという印象でした。

 

f:id:mk1977715:20170301151047j:plain

英語教育の未来

英語教育 TOEIC

先日、ちょっと衝撃的なニュース記事を読みました。京都府の公立中学校で英語の先生たちがTOEICの試験を受けたところ、京都府が目標としていたスコアに遠く届かなかったという内容です。

 

英語教員、TOEIC“合格”2割 京都府中学「資質」はOK? : 京都新聞

 

この話の前提として、まず国の方針として次期学習指導要領を作るにあたって、今後中学校の英語の授業を英語で行うことにする予定だそうです。「はい授業はじめます」とか「教科書の14ページを読んで」とか「これは三単現のSだから」とか、そういうことじゃなく、ベースが全部英語になるということです。これは、実現すれば素晴らしい構想だと思う。まさに今、留学準備コースでやっているのがこれで、ちょっとしたジョークから、宿題の内容まで全部英語だから聞き逃すまいと必死に聴く。分からない部分があっても前後から類推しながらついて行く。もちろん中1のまったくの英語まっさら状態でついていけるのか?など疑問は残るが絶対にやった方がよいと思う。

 

でも、ここで問題になってくるのが教える方だ。今までは教科書に書いてあるセンテンスだけ理解して教えてればよかったけれど、今度は前提として英語がそこそこ喋れないと教えることが出来ない。例えば、生徒に英語で質問されることもあるだろうし、それに英語で答えなければならない。クラスに帰国子女が1人いたら・・・先生は戦々恐々だろう。そこで、その来るべき日に向かって準備を開始してみたところ・・・というのがこの記事だ。

 

まず、2016年度にこの試みのために「750万円」もの予算が組まれている。もちろん税金から。そのお金でTOEICの受験料および、それに向けたセミナーが負担された。京都府の掲げる目標は英検準一級(一級じゃありません)レベルということで730点以上。1回目で合格できなかった人は、民間でやっている集中セミナーを受講し2回目の再試験を受けた。その結果は74人のうち2割程度の16人しか合格者がいなかった。平均点は、588点。しかも最低点は280点で500点以下が14人もいたそうである。

 

どっから突っ込んだら良いのか、文章を書こうにも整理するのがむずかしい。

 

まず、ここではお決まりのTOEICの730点が英検準一級相当なのか?とか、TOEICのスコアが低くても英語を喋れる人はいるとか、TOEICが英語力をはかれてるとは言えないとかそういう意見は置いておこうと思う。今回、中学校英語教師74人の平均点は1回目が578点、2回目が588点だそうです。この点数がどんな点数かと言うと、受験者全員の平均点は580点とほぼ同じ。世の中に出たら「私は中学で英語の教師をしています」とか言ってる人が、平均点レベルだということです。さらにここで突っ込みたいのは1回目から2回目の平均点が10点しかあがっていないこと。もちろん1回目にパスできた人は抜けてるから高得点の人が欠けるけれど、セミナーを受け(無料で)前回ダメだったからの再試験に向けての準備の時間もある。この人たち、先生ですよ。「赤点とったら追試だぞ〜」とか普段言ってる人ですよ。そもそも1回目から、英語教師のプライドにかけてもうちょい勉強するとかなかったんですかね?「ちゃんと宿題やってこいよ」とか言ってる人たちですよ。当たり前過ぎることをあえてもう1度書くと、この人たちの「職業」が「英語の先生」ですよ。言い換えると「英語を教えて」お金をもらっている、いわばプロですよ。生徒の親は「英語を教える専門家」として子供を託しているんですよ。

 

最低点280点て、、、4拓問題ですよ。会社に入社した時も確か新入社員を対象にTOEICの試験がありました。美大卒のArt Director採用で高校時代から絵しか書いてなくて英語の授業なんて何年も出たことないって言ってたやつが確か280点だったと記憶しています。どうやったらこのスコアが取れるんですかね?英語で食べてる人が。

 

まず、英語の先生たち、みなさん大卒です。英語の教師という資格を持っています。それで、これです・・・。こんなちっぽけなblogで話題にされてる程度で良い問題でしょうか?日本の子供たちの将来に大きく大きく大きく関わる問題じゃないでしょうか?小学校から英語教育を!とか言っていますが、これは日本をあげてどうにかしなきゃいけない問題です。このあまりにひどい状況がどうにかならないなら、いっそ英語の授業はやめた方がまだましです。国がAEONでもBerlitzでも買い上げて、そこに授業を委託するとかそのレベルのことまで考えてどうにかしなくちゃいけない問題だと思います。もちろん上にも書いた通り、TOEICのスコアが上がればそれで良いわけではありませんし、TOEICのスコアが高ければ教えるのがうまいわけでもありません。でも、プロなんだったら世の中の平均よりは高いスコアは獲得すべきだし、「生徒に勉強しなさい」と言う立場なんだから、スコアをあげるために努力をすべきだと思う。公式問題集を1回やってどんな問題がどのくらいの数出るのかを把握するだけでも、まったくやらないよりは全然違うと思う。

 

自分が京都府の公立中学に通う中学生でこの記事を見たら、英語の勉強なんてやってらんねぇよ!こんな先生の言うことなんて聞けるかよ!となるでしょう。そのせいで一生英語とは縁が遠くなるかも知れません。運転免許書のように、教師の免状だって更新されていったらダメなんでしょうか?

 

クリティカルシンキング

クリティカルシンキング イギリス留学

現在、履修中の留学準備コースではCritical Thinkingという言葉がよく出てきます。日本語に訳すと「批判的思考」。なんのこっちゃよく分かりません。Critical Thinkingとは何か?だけを延々と説明する授業もありましたが、欧米での学問には(特にMBAなどでは)必須のものだそうです。

 

criticalを辞書で調べると「批判的な」「評論の」「難癖をつけて」などの単語が並びます。授業の内容と今までの経験から推測するに、何かテーマがあった時にそれを額面通りに鵜呑みせずに様々な角度から検証し考えよということなのかな?と解釈しています。自分は元々そういう気質の人間でもある上に、仕事上でも「まず、オリエンを疑え」という金言があるように、「本質的な課題」がどこにあるのかを探ることが大切とされ、そん訓練をしてきているので比較的得意な分野ではあります。実際にessayなどもgrammerはさておき論旨に関しては高評価を得ています。

 

ちなみに、ファイナルファンタジーのクリエティカルヒットってなんだろう?と疑問に思ったのですが、辞書の意味の中に「決定的な」「重大な」という意味もあったのと、「(生死を分けるような)危機の」という意味もありました。そのどちらかが語源なのでしょうか。クリティカルヒットーーー!!!響きはかっこいいけど、ドラクエの「会心の一撃」の方が的を射てる気はしますね。

 

日本語で「批判」というと「反対する」に近い印象を受けます。人が黒と言えば、いや白だ!と返すような否定とか非難に近いような。ただ、この場合の「批判」とは情報を分析、吟味して取り入れることを指すそうです。こう説明してもらえれば話は早いのですが、外人の先生には無理な話ですね。Wikipediaによれば「批」には事実を突き合わせるという意味があり「判」には見分け定めるという意味があるそうです。読んで字のごとくですね。

 

日本でも詰め込み型の教育よりも、自分の頭で考える力をみたいなことでIQよりEQとか言われたこともありました。自分はその時から今も変わらず思っているのは、自分の頭で考えるには幅広い知識や見識が必要で、IQよりEQは間違いで、IQをベースにEQをだろと思っていました。実際、EQという言葉も聞かれなくなって久しいので、日本ではCritical Thinkingは浸透していないし弱い分野だと思います。逆に外人は鍛えられているから、ちょっとしたことにでも自分の意見を持てるんだろうなと思います。

 

英語の勉強とは関係なく、あって損のない思考プロセスだと思います。

 

準備コース半分終了

beo イギリス留学 海外大学院留学 海外留学

昨日で通っているPMPコースのTerm1が終了しました。9月から早いもので半年弱、半分が終了したことになります。最終日の昨日は朝から夕方までぶっ通しでListening、Writing、Speking、Readingと試験がありました。ほぼ同じような試験がコースが始まった直後にもあったのですが、まだまだ十分なスコアを取れているとは思わないけれど、だいぶ余裕を持って試験に取り組むことが出来ました。

 

大学を卒業してから17年、その間、テストとも英語とも縁のない生活をしてきたわけで、まずは勘を取り戻す必要があったのも事実です。高校受験では、いわゆる受験戦争の最前線でそこそこの活躍をしていたものです、20年以上前の話ですが。コースは半分以上が現役の大学4年生です。大学卒業後、そのまま就職せずに海外の大学院への留学を目指している人たちです。まぁ、言ってしまえば17歳も違うわけです。

 

同窓会などで昔の仲間と会っても見た目若いと言われるし、広告業界にいるだけに中身もそれなりに若いつもりなので、年齢はそんなに意識せず(?)彼ら彼女らとも仲良くやっています。実際、年齢を言うとみんなびびります。20代後半だと思っていてくれる人がほとんどのようで。まぁ、そういう意味では「40目前で!?」と言うのはある意味意外性のある選択なのかも知れません。当然、クラスでは最年長です。

 

でも、正直思うのです。社会を1度経験してからこそ、再び学べるものがあると。もちろん例えば理系の科学者などで何か研究したいものがものすごくあるとかであれば別だけれど(そういう人たちは研究のつながりで院に行けるだろうから留学も別ルート?)そうでない場合には、そのままだと大学の延長にしかならない気がするのです。もちろん、もう就職活動をしないことを選択してしまった彼らにそんな話をするのは酷なので、直接はしませんが社会人のクラスメイトとはよくそんな話をします。

 

いわゆるtaughtコースの勉強は、やっぱりどこまで言っても「机上の空論」だとは思うのです。それを必死になって覚えることにはあまり意味を感じません。でも、社会で経験を積んでいると、その簡略化された理論を実体験と照らし合わせて思考の材料にし、思考を深めることが出来ると思うのです。社会人の人で同じことを思っている人は少なくないと思います。「もう一度、大学に戻って勉強したいなぁ」と。そういうことだと思うのです。

 

PMPコースでは、いわゆる欧米式のAcademicな勉強法のようなものを一通り学ぶことができます。日本と違う欧米式も新鮮だし、インターネットを使った勉強というのが新鮮です。自分が大学に入学した当初は、日本で最初に全生徒にメールアドレスを配布した学部で、授業の休講などの連絡もメールで来るから毎日メールをチェックするようにというのが斬新な時代だったので、まだインターネットの学問における実用性は確立されていませんでした(もちろん研究者向けは別)。そういう意味でも、学ぶことの多い日々で、大変だけど非常に楽しいです。でも、先日、人からふと言われた言葉で気がついたのですが、自分は「知的好奇心」が強めというか「学ぶことの喜び」のプライオリティが高いタイプなのかも知れません。テストはイヤだけど、、、。

 

無事に全校合格!?

MBA beo イギリス留学 海外大学院留学

前回、無事に最初のOfferをもらった話を書きましたが、その後も立て続けにOfferをもらい受験した3校全部無事に合格ということになりました!嬉しい反面、ちょっと手応えもありません。MBAコースの倍率ってどのくらいのものなんだろうか?Interviewまで行ったら合格確率何パーセントくらいなんだろうか?そのあたりの情報が気になるところです。

 

とは言え3校合格、あとはNCUKコースをちゃんと卒業するだけです。

 

Birmingham大学はMBAには珍しくInterviewがありませんでした。「今のところOfferすると思いますよ」という思わせぶりの予告から2週間、正式なOfferをいただきました。Birminghamは求められる英語の成績が少し高いです。

 

Leeds大学は昨夜、Interviewがありました。Skypeを使っての面談です。事前の情報では「ビジネスマンらしい服装で」とあったので(上だけ)スーツ着てネクタイしめて挑みました。SkypeなのでMacのデスクトップ上には準備しておいた想定問題の回答や辞書やいろいろな非常用設備を立ち上げておいたものの、すごくゆっくり丁寧に喋ってくれ、かつ話し上手な方だったので、それらを使うことなく気分よく話し込んでしまいました。

 

印象に残っている言葉としては「こうやって候補者全員と面接をして、ベストな職歴、経験、性格、性別、国籍のクラスを構築するのが自分の役割だ」と言っていました。優秀そうな人を上から順番に集めるのではなく、バランスが大事だと。授業で習うことよりも、クラスメイトから学ぶことの方が多いと思うからと言っていました。

 

そういう意味でも募集要項には職務経験3年以上と書いてあるけれど、3年程度しか働いていない人はよっぽどのことがない限り取らないそうです。8年以上の経験は欲しいとも言っていました。そのほか、クラスの人数が少ない方がいかに良いか、MBAランキングがいかにあてにならないか、ビジネスにおけるクリエイティビティの大切さなど、おもしろい話をたくさん聞くことができました。

 

もう1校のInterviewをしたBradfordは採用担当の若い兄ちゃんという感じだったけれど、Leedsの方はdirector自らがしっかりと吟味している感じの安心感もあるし、何よりこの人の下で学んだら楽しそうと思わせる人を惹きつける力のある人と話したこともあり受かった3校の中では断然Leeds Universityに気持ちは向いています。(順番的にBradfordで練習が出来て様子が分かっていて良かった!)

 

でも、、、実はもう1校受験しようと思っています。受験した3校の中でどこがいちばん良いのかなぁ?なんてネットを見ていたところ、新しく興味がある学部を見つけたのです。今、あらたにそこの学部に向けたPersonal Statementを準備中です。その話はまた次の機会に。