Days


Days for Studying in the UK

オファーいただきました

少し間が空いてしまいました。留学準備体験記を少しずつ書いていこうと思っていたところ、なんとこの間に1校目のOffer Letterをもらうことができました。

 

受験制度がまったく違うのでいろいろ分からないことだらけなのですが、このOffer Letterというやつがいわゆる合格通知です。University of Bradford、ブラッドフォード大学のMBAコースからオファーをもらいました。このOfferっていうところが、根本的に日本での考え方と違いますよね。Offerっていうことは「申し出」ということで、体感としては「基準はクリアしているので、良かったらうちの大学に来ませんか?」と申し出を受けている感じです。無事に試験に合格して、入学させてもらう感じとはまったく違います。

 

もらったOffer Letterには、進学の意志があるかどうかの承諾をこちらから戻します。学校によってはdepositをとられるけれど、それも支払いは7月とかギリギリなのでまずはいったん承諾。これで最低限、2017/2018のイギリス行きは90%保証されました!一安心。

 

なぜ90%なのか?

 

それが今回書こうと思っていたPMPコースの話です。PMPコースとはbeoさんの「NUCK Pre-Masters Programme」のことで大学院留学準備コースとも言われています。英国大学連盟(NCUK)の主催で世界中で行われているプログラムで日本ではbeoさんの東京と大阪でのみ実施されています。実際に通っていると発見がいろいろ、苦しくも楽しい日々を送っていますがその話はまたおいおい。

 

ポイントはこのPMPコースには「進学保証」が付いているのです。ざっくり言えば、このコースをそれなりの成績で卒業できれば提携している大学のいずれかのコースに必ず進学できますよというものです。日本でいうところの推薦校のイメージに近いのかなと思っています。エージェントを決める段階、いわゆる留学を思い立った初期段階の頃にしてみると、これは魅力的なオファー(使ってみた)でした。40歳目前、家族持ちにしてみたら「留学を計画してみたけど失敗した」はもっとも避けたい事態です。ありえない状態です。それを保証してくれるなんて!英語の勉強なんて15年近く遠ざかっているのに、IELTSのスコアは本当にあがるんだろうか?不安になっているところでの、IELTSなしは魅力以外の何物でもありません。このコースに参加したいということで、代理店はbeoさんに決定したのでした。

 

大学院留学準備コース(準修士課程)の特徴|大学院留学準備コース

 

ちなみにPMPコースに入るにも英語力をはかるテストはありました。代理店側からしたら生徒は欲しいに違いないだろうから、きっと大丈夫だろと余裕で受けて合格したものの、今、思うと割と英語力はシビアに見られていたのかも知れません。PMPコースでは英語はまったく教えてくれません、英語をベースに授業が進むのでそこそこの英語力が最低限要求されるからです。まぁ、滑り込みにせよ入ってしまったのだからこっちのもの。20人強のクラスメートとの勉強の日々が昨年9月から始まっています。

 

PMPコースからは3校まで出願することができます。もちろん出願の細かい手続きはbeoさんが代行してくれます。その3校のうちのまず1校からOffer Letterをいただき、もう1校からもInterviewのOfferをもらっています。通常の大学院のコースはInterviewはないようなのですが、MBAコースに限ってはInterviewがほぼ必須のようです。いわゆる面接ですね。日本人の我々はSkypeか電話で行います。この詳細や攻略法?もおいおい書きたいと思います。さらに3校目からは「今のところOfferしたいと思っていますよ、でもこれは正式なOfferではありませんよ」というメールをもらいました。日本とイギリスのまったく違う受験制度、謎はことはいろいろあります。

 

PMPコース関係なければ、他候補として検討していたSI-UKさんもとても雰囲気の良い代理店さんでした。beoさんに比べてアットホームな感じもあって良かったですよ。

www.ukeducation.jp