さよならがんじがらめ

イギリスにMBA留学中の広告クリエーターの日々のこと

試験には試験の意味がある

f:id:mk1977715:20180116235245j:plain

今学期の試験は全部で3科目。2つ目の「Economics of Strategy」も無事に終わりました。1日1科目ずつで、さらに間が空いているのはありがたいです。

 

写真、なんだかすごい色になってしまっていますね。試験終了直後の正午頃に撮影したものですが、確かにこの直後に雪が降ったり、なんとも言えない天気でした。試験の会場がいつものビジネススクール内の教室ではないことは前回のエントリーでも書きましたが、今回の会場はなんと教会。もはや大学の敷地を飛び出しました。綺麗なステンドクラスにとんでもなく高い天井。今日もまた張りつめた空気の中、カツカツとペンを走らせる音だけが響いていました。

 

こっちの試験は「黒か青のインク」のペンのみです。鉛筆やその他の色のペンは不可です。フリクション(摩擦の熱で消せるボールペン)も持参していきましたが、もし何かで消えてしまったら?と思うと普通の黒ボールペンを使いました。3時間ひたすら書き続ける試験なので、相棒となるペン選びは大事ですよね。スラスラと滑るように書けるとグングン気分が乗ってきます。

 

試験自体は「落とすこと」を目的としている訳ではありません。50点以上とればPASSできます。とは言え記述式なので暗記だけでは対応できません。授業で習ったことを復習し、それらを使って論述を構成する問題が中心ですが、復習と言ってもサラっと読み返す程度では厳しいです。しっかりと理解し、自分の中に染み込ませるレベルで理解する必要があります。教科書を読み返しても理解できない場合には、Wikipediaで深く調べてみたり、日本語で該当する内容を探したり、理解できるまで深掘りします。その意味で、試験のプレッシャーは好きではないけれど、試験がなければ習った知識は身につかずにそのうち忘れてしまうだろうから、知識の定着という意味で試験は必要なのだろうと納得できます。逆に、定着させる必要はなく、都度、さまざまなセオリーやリサーチを参照しながら自分なりの意見と構築するのが大切な科目に関しては試験ではなくレポートが課題になっている。よく出来ていますね。