さよならがんじがらめ

イギリスにMBA留学中の広告クリエーターの日々のこと

あなたのヒーローは誰ですか?

f:id:mk1977715:20180222222801j:plain

いきなりですが、質問です。

 

みなさんにヒーローはいますか?

 

今、自分にとってのヒーローは川崎フロンターレ大久保嘉人選手です。以前のエントリーで今年の川崎フロンターレの展望を簡単に書きましたが、そこでもキーマンの1人として挙げた大久保選手。1年ぶりにフロンターレに復帰した彼の存在はまさに諸刃の剣。うまく活かせれば攻撃陣の爆発が期待できますが、下手をするとチーム全体のバランスを崩しかねない危うさも持ち合わせています。そんな強いストーリー性もヒーローとしての魅力の1つです。

 

自分の人生には常にヒーローがいます。人生にはヒーローが必要だとすら思います。この数日、ヒーローの存在について考えてみました。自分の中でヒーローと言えば、松本大洋先生の漫画「ピンポン」のペコが象徴的に想像されます。ヒーローとはピンチの時にやってきて、鮮やかに助けてくれる存在。チームが苦境に立たされた時、ズドンと重いミドルシュート一閃。目の前に重くひろがる暗雲を一撃で切り裂きチームを救ってくれる大久保選手はまさにヒーローです。ヒーローにはエビデンスが必要です。彼のJリーグ最多得点記録(更新中)や3年連続得点王の偉業はまさに数字が表しています。常に最新の数字を表示するスタジアム内に有志のサポーターが設置するYOSHI-METERの存在も彼の偉業に拍車をかけます。また、ヒーローにはレジェンド(伝説)が必要です。特に自分が好きなレジェンドは、2014年の名古屋戦。試合中に興奮のあまりピッチに設置されたスポンサーの看板を蹴ってしまうという事件が起きました。スポンサーあってのプロスポーツ、課された罰は2試合の出場停止でした。当時フロンターレは2位で、ストライカーの離脱は正直、痛かった。どこか試合中にも噛み合っていない印象があり、イライラしてしまったんだろうと思う。しかし、2試合後の復帰戦となる大宮戦で見事にハットトリックを達成。「迷惑かけた、ごめん」と結果で体現された時、自分は完全に魅せられた。そしてもう1つ、ヒーローにはフォロワーからはアンコントローラブルな危うさがある。時に大胆な発言をしたり、突然のFC東京への移籍など、突然の「ある種の裏切り」にいつもヤキモキさせられる。

 

「ピンポン」はヒーローを描いている漫画であり、実はペコだけじゃなくたくさんのヒーローが描かれている。スマイル、アクマ、みんなヒーローだ。そんな中で、それぞれの人がそれぞれに惹かれるヒーローがいる。その要因は自分と共通する「弱さ」だと思う。同じ弱さを抱えながらも活躍している人がヒーローであり、強く惹かれるんだと。

 

自分の場合の弱さは「不安」。「自分はできる!」と心の最深部では信じているんだけど、常に「できなかったどうしよう」「うまくいかなかったらどうしよう」と「不安」も同時に抱えている。自分がイギリスの大学院のMBAコースでも、広告クリエイターとしてもそこそこ結果を出せている理由はそこにあると自覚する。例えばCMの企画を考える時。「これは絶対におもしろい」と自信のある企画ができたとする。でも、次の瞬間に「本当におもしろいか?」「クライアントは面白いと言ってくれるか?」「世の中は理解してくれるか?」「もっとおもしろいものが考えられるんじゃないか?」と不安が次々に襲ってくる。多くの場合、検証し再考し準備し、もがいたあげく「当初のもので大丈夫だ」と元に戻りそしてうまくいく。もしもっと自分に自信があれば、企画が出来上がった時点で「よしっ!完成!」と次のステップにスムーズに向かうことができるだろう。でも、そう出来ないし、その一見無駄に見える回り道が実は大事なんだと、経験から理解できる。

 

大久保の時に豪胆に振る舞う裏側にある繊細さを下の記事で読み、「あぁ、やっぱりな」「そうそう、そうだよな」となった。それは自分にとっての永遠のスーパーヒーロー、X Japanのhideさんも同じだと思う。絶対的な才能がありながら、常にどこか自信のなさやコンプレックスも抱えている、だから共感でき惹かれてしまう。

 

F-スポット - ピックアッププレイヤー : KAWASAKI FRONTALE