さよならがんじがらめ

イギリスにMBA留学中の広告クリエーターの日々のこと

God Save The Queen

f:id:mk1977715:20180608193610j:plain

いよいよ、ロシアW杯の開催が目前にせまってきました。昨夜は、イングランド代表のW杯前の調整試合「イングランドvsコスタリカ」がなんと地元リーズで行われるということで行って来ました。

 

f:id:mk1977715:20180608193804j:plain

スタジアムまでの道すがらでは近所のご家族が私設でグッズを販売していたり(全部£1!)

f:id:mk1977715:20180608194002j:plain

住宅街を抜けると急にこんなにのどかな草原が拡がり、歓声をそうげんを抜けると・・・

f:id:mk1977715:20180608194117j:plain

どーん!と我らがLeeds Unitedの本拠地エルランド・ロードが目の前にそびえ立ちます。過去Leeds Unitedの試合は3回見に行って3敗しているので不安はありましたが、結果はイングランドの完勝でした。ラッシュフォード、良いですね。若くてガッツがあって、手足が長くしなやかで。本気の世界のDFとの戦いが楽しみです。

 

代表戦にはこうあって欲しい

まず、試合周辺で感じたことをこのエントリーではレポートしたいと思います。結論から言うと、国の代表戦ってこうあるべきだよねと、控え目に言っても最高の雰囲気で、日本人としてイギリス人がうらやましくなりました。

 

さいたまスタジアムや横浜での日本代表の試合も何度も観戦したことがありますが、そこで感じた高揚感と今回味わったものはまるで違ったのです。セルジオさんがよくコラムで「日本代表の試合はアイドルのコンサートじゃないんだから」と批判されていたり、今回の日本代表のハリルホジッチ監督の解任劇やその後の選手選考がスポンサーの意向だ、忖度JAPANだと揶揄されていますが、確かに「そういうことなんだな」と実感してしまいました。広告代理店の人間として心が痛む気もしました。

 

日本代表の試合は、スポンサー様たちが「主催している」感がものすごく強い。そして、会場周辺のイベントだ、お土産グッズにチラシに、スクリーンで爆音でCM上映と、マーケティングがこれでもかとぶち込まれてくる。また、試合前、試合後と音響や照明で煽りまくるから、試合そのものよりもそっちが盛り上がってしまう。マーケティングインスタ映えSNSでの自慢が前提だったらそれでも良いのかも知れないけれど、クラブ(Jリーグ)の試合であればそれで良いのかも知れないけれど、国の代表が国の威信をかけて戦う場と思うと、違う。

 

イングランド代表の試合は、純粋にフットボールだけを楽しんでくださいと言う主張を感じました。余計な飾り付けやマーケティングがほとんどありません。全員が国家を大声で歌い、良いプレイには拍手、いまいちなプレイにはブーイングを飛ばす。もちろん、代表をスポンサードする企業のサイネージ(看板)はグラウンドを囲んでいるけど、それだけ。ハーフタイムも30秒のCMを爆音で見せつけるとかではなく、客席のサポーターを写す間に6秒程度のバンパー広告みたいなのがシュっと挟まるだけで雰囲気をまったく邪魔せずセンスが良い。試合後には変な壮行会みたいなのもなく、サッと終わって、観客はまた国家を歌って、選手たちをロシアに送り出す。

 

ちなみに自分のチケットは学生証の提示が必なStudent席でした。学生にこういったナショナルイベントへの参加機会を安価で与えるというスタンスも素晴らしいと思いました。